中古マンション投資で失敗しない法則を伝授

模型

大家さん安心の方法です

男の人

賃貸アパートやマンションを持っている大家さんのリスクの一つとして挙げられるのが家賃の滞納です。借主が家賃を滞納した場合、大家さんは通常契約時に連帯保証人さんをつけてもらって契約している事が多いので、連帯保証人さんに請求するのですが、連帯保証人さんが既に亡くなっていたり、払えないと言って払わなかったりする事があります。そのような事が起こらない様に、近年家賃保証をしてもらって部屋を貸すケースが増えています。家賃保証会社が介在する事により、家賃の滞納があった場合、大家さんは家賃保証会社から家賃を受け取ります。その後の請求等は全て家賃保証会社が行ってくれます。大家さんが費用を負担するケースはほとんどなく、家賃の請求と言う煩わしい仕事から解放されるので利用されるケースがどんどん増えています。

家賃保証を行うときに、家賃保証会社は事前にきちんと審査を行います。ですので、大家さんは家賃保証会社が保証できると判断した人を入居する事が出来ますので、非常に安心感があります。また、一般的に、最初に保証料を支払い、毎年更新手数料が発生する事が多いのですが、全て大家さんに対する負担はありません。大家さんは連帯保証人さんをつけてもらう必要も少なくなっていますので、部屋を募集する際に連帯保証人をつけなくて契約できると言うメリットもでてきます。万が一滞納が発生し、裁判と言う事態になりましても、大家さんが裁判費用を負担する必要もなく、一般的に退去するまで保証してくれるので、家賃の滞納の心配は全くないといえるでしょう。